【第13回】第一種中高層住居専用地域です【第15回】建築家さんからプランが提案されました

2013年06月29日

【第14回】セットバックが必要です

ここでもう一つ建築家さんから話がありました。

「今回の計画では、セットバックが必要です」

これも覚悟していた問題。実際、実家前の道は随所でちょっと引っ込めて建築しており、道路の形が凸凹になっています。中には建て物は奥に建てているけれどひっこめた本来道路になる部分を庭の一部として使っているお宅もあります。

ただ、セットバックに関しては読みが甘かったこともありました。

それはひっこめる寸法が1mになること。

他のお宅を見ると50cmほど引っ込んでいるところが多いんですよね。どうみても1mも引っ込んでいない。なぜそうなっているかはわからないのですが……。

 

 

☆今回の言葉☆

『セットバック』

道路とは道幅4m以上が必要で、それより狭いものは“みなし道路(二項道路)”と呼ばれます。火事が発生した際に消防車が通れるようにという観点から、みなし道路を道路にするために、建て替え時には土地を提供する必要があります。これがセットバック。

セットバックするのはみなし道路の中心から2mになるところまで。今回の計画地は前面道路が2mなので1mセットバックする必要があります。

ちなみに道を挟んで両側に宅地がある場合は、お互い折半して4mに持っていきますが、片側にしか宅地がないような場所だと、自分のところだけで4mにしないといけないのでセットバックはかなりの量が必要になるとのこと。

セットバックした部分は道路なので、塀や花壇などとして使うことはできません。しかし現実には今回の道路をみても駐車場にしてたり、植木をたくさん並べていたり(チェーンもかかっているのでもしかしたらまだセットバックしていないのかな……)。

読売新聞の発言小町には、セットバックしたスペースは誰のものかなんていう話も出ていました。

そしてうちが計画している土地の道を挟んだ反対側のお宅は、どうみてもセットバックしている幅は1mもないんですよね。しかも道に面した部分の半分は半地下駐車場への進入口になっているので斜めになっています。これってありなのかしら……?

また現実問題としてセットバックしてしまうと土地が狭くなりすぎるために新たに家を建てられないという場所もかなりあります。

そういうお宅は古くなっても建て替えはせずリフォームでやり過ごしていたり。

今回うちは1mセットバックすることにしましたが、果たして私が生きている間に4mの道路が完成するのか……。甚だ疑問であります。



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【第13回】第一種中高層住居専用地域です【第15回】建築家さんからプランが提案されました


マイホーム ブログランキングへ