【第20回】住宅展示場に行ってわかった「お手上げ状態」

2013年09月18日

【第21回】「うち、できますよ」名乗りを上げてくれたハウスメーカー

せっかくフェアに出かけたのにぶちのめされて家路についた週末。

 

しかし月曜日に思わぬ電話がかかってきました。

「はじめまして。●●のMと申します」(たぶんハウスメーカーの名前、書いても大丈夫なんでしょうけれどね。念のため現段階では伏字にしておきます)

「はい……」

「この週末に展示場のフェアに来場されてアンケートをご記入されましたよね。そちらにメーカーから電話をしてもいいと書いてあったのでお電話したのですが……」

「そうですか。それは御苦労さまです。でもね、あなたの電話は無駄になりました」

「えっ??もう契約されるメーカーを決めちゃったんですか?」

「いえ、それはないです。実は……」

私は週末の出来事を話しました。土地は大丈夫だが接地する道が狭いのでトラックが入れない。話を伺ったところにはその場で全部断られたので、ハウスメーカーでは無理な案件だと。

 

途中であまり口を挟まずに話を聞いていた営業さんは、私の話が終わった後にこう言いました。

「一度、現場を見させていただけないですか?」

「はあ。でも来るだけ無駄だと思いますよ……」

「ほかのメーカーと同じようにダメなら私もその場で断りますが、お話を伺っている限り、うちではできるような気がするんですよ。これまでも狭い道に面した土地に何度も建ててきましたから」

「マジッすか???」

 

完全に諦めモードだった私に一筋の光がさしました。

このメーカーさんも展示場にあったのですが、いろいろ話を聞いてぶちのめされた私はここを覗かなかったんですよね。

 

とりあえずダメ元と思い、営業さんに実家まで来ていただくことにしました。駅で待ち合わせをし、10分ちょっとの道のりで状況を話します。もちろん、現在建築家さんにもプランを提案してもらっていることも。そしてそのプランだと正直建築は厳しいことも(なぜ厳しいかも含めて)。

 

実家につくなり、営業さんは言いました。

「楽勝ですとは決して言えないですが……。ここならうちでは十分お受けできる道幅です」

この会社は2×4工法を採用してますが、工場ではなく現場で枠組みを組み立てることもできるとのこと。そのため大きなトラックじゃなくても資材を運べるというのです。

ただし大きなトラックで一気に運ぶことができないので、近くまで来た後に小さいもので運んだり手で運んだりする。そのため小運搬の費用はかかってしまうが……。

それを含めて見積もりを出すこともできるので、一度プランを提案させてくれないかと言います。

 

一筋の小さな光はかなり大きくなりました。

 

プラン次第では建築家にお願いしたり計画を諦める可能性もある。

その場合でも費用はかからないということを確認し、お願いすることになりました。

こちらの要望もしっかり話し、とくに賃貸が必要であること。そこから安定した収入が欲しいことは強くお願いしました。

 

捨てる神あれば拾う神あり。

果たして、どうなることやら……。

 

 

☆今回の言葉☆

『小運搬』

 

小運搬と書いて「こうんぱん」と読みます。

でっかいトラックが入れないときに小さなクルマや人力で荷物を運ぶことを言います。このリンク先にもあるように、費用は運搬する距離に応じて高くなるようですね。それは営業さんからも言われました。うちは300mくらいある細い道のほぼ真ん中に位置するため、小運搬費用はそれなりにかかってしまうだろうとのこと。ちなみに建築はもちろん、解体時も小運搬が必要になるほか、重機が入れないので手壊しになってしまうそうです。そこでも余計に費用がかかると……。

これは誰に頼もうが同じこと。逃げようがないのです。泣きそう……。

 

 

 



takaman0123 at 20:47│Comments(0)打ち合わせ | プラン

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【第20回】住宅展示場に行ってわかった「お手上げ状態」


マイホーム ブログランキングへ